こどモン

子供を愛するママ・パパの為の子育て情報サイト

高齢でも安全に出産できる?

   

2016-04-12_203950

女性の社会進出が進み、30歳を超えてから初めての子供を持とうと考える人が増えています。

特に35歳以上で初産の場合を「高齢出産」と呼び、一般的にはこのラインを越えると自然妊娠することは難しくなると言われています。

しかし、この事実はまだそれほど広く知られておらず「赤ちゃんは、欲しくなったらすぐに授かることができる」と誤解している女性も少なくありません。

確かに、いくつになろうと妊娠できる女性は存在しますが、それはほんの一握り。

多くの場合、35歳を過ぎてしまえば子供を持てる可能性はがくんと下がってしまうのです。

そしてそれは、不妊治療をした場合も同じこと。

卵子や子宮は年齢とともにどんどん年をとるので、必ずしも治療の成果が出るとは限りません。

「妊娠・出産にはタイムリミットがある」と捉え、遅くとも30代前半までには子供を考えるようにしましょう。

そして、体を妊娠しやすい状態に整えておくことも大切です。

卵子の細胞にエネルギーを与えて活性化させる「ミトコンドリア」と呼ばれる物質は、早寝早起き・栄養バランスのとれた食事・適度な運動などによって作り出されます。

不規則な生活やストレス、過度の飲酒、喫煙は生殖機能を低下させてしまうので、できるだけ規則正しい生活を送るようにしましょう。

忙しくて食事だけで栄養を摂ることが難しいときは、市販のサプリメントを上手に活用してみてください。

どんなに健康な女性でも、妊娠のタイミリミットを過ぎてしまえば不妊に悩む可能性が高まります。

生活設計をきちんと立て、できるだけリスクを減らしていきましょう。

高齢出産のリスクや注意点について

一般的に「高齢出産はリスクが高くて危険である」と言われていますが、これは本当のことです。

女性の体はいくつになっても妊娠・出産に耐えられるわけではなく、35歳をピークにどんどん閉経に向かって老化していくので、ただでさえ負担の大きい出産にはかなりの危険がつきまとうのです。

具体的には
・自然流産率の上昇
・胎児の染色体異常の確率が高まる
・妊娠高血圧症候群の発症
といった症状が出やすく、お産の際に大出血を引き起こしたり、帝王切開になったりするケースも少なくありません。

しかし、全ての高齢出産の女性がこのような危険に見舞われるわけではありませんし、20代でもリスクの高いお産をする人はいます。

カギとなるのは、いかに体調を整えておけるかどうか。

血圧の上がりやすい塩分の濃い食べ物を控えたり、肥満防止に毎日散歩したりするだけでも違いますし、

栄養バランスのとれた食事を摂ってストレスをためないように気をつけることも安産に役立ちます。

特に、なんらかの持病があってもともとリスクの高い人は人一倍気を配るようにしましょう。

そして、面倒でも病院での検診は必ず受けておいてください。

体の不調は自分ですぐに気づけるものばかりではないので、検診を受けることによりいち早く異常に気付いて対処することは非常に大切です。

安全なお産になるのか、それとも高リスクになるのかは妊婦さん自身の頑張りによっても左右されます。

かわいい赤ちゃんと対面する日まで、適度に気を抜きながら体をいたわる努力を続けていきましょう。

40代でも安心して出産できる?

2016-04-12_204218

一般的に、35歳以上で初産の場合を「高齢出産」と呼びます。

40代に差しかかると、当然30代のころに比べて体力や生殖機能は落ちているわけで、必ずしも安全に出産できるかというと決してそうとは言いきれません。

しかし、晩婚化の影響で40歳を超えて子供を持つことを考える人は年々増えており、母子ともに健康で安産だったというケースも少なくないのです。

せっかく授かった命を大切に育むため、妊娠中からできることを考えていきましょう。

まず、食事や運動で丈夫な体を作ることが大切です。

お腹が張るほど激しい運動をするのはNGですが、近所を散歩したり、マタニティビクスに通ったりすることはお産に必要な体力を蓄えることに役立ちます。

食事は、薄味の和食を基本に、適度におやつも取り入れながら1日3食しっかり食べましょう。

塩分や添加物の多いもの、カフェインを含むものは避けてくださいね。

そして、気持ちを前向きに保つことを心がけましょう。

「40代だから安全に産めないかもしれない」と考え込むと、ストレスで胎児に負担がかかります。

「きっと大丈夫」と信じ、毎日楽しく生活することが大切です。不安なことがあれば、かかりつけのお医者さんや夫、友人に聞いてもらうとすっきりしますよ。

いかに医療が発達しようとも、出産は自然の営みとして行われるもの。

安産できるかどうかは日ごろの生活習慣や胎児の状態にかかっています。

どうしても避けられないリスクもないわけではありませんが、できるだけ危険因子を減らしていきましょう。

高齢出産は難産になりやすいって本当?

2016-04-12_205742

結論から申し上げますと、高齢出産(35歳以上で初産の場合)はそうでない人に比べて難産になる可能性は高くなります。

体はどんどん老化していくし、若いころより体力も落ちるので、これはもう仕方のないことなのですね。

産道が堅く、骨盤が開きにくいことから、妊娠期間は順調でもいざお産というときになって苦しむ人もいます。

しかし、全ての高齢出産の女性が難産になるわけではなく、これは非常に個人差の大きいものです。

妊娠するまで特に大きな病気をしたことがなく、妊婦健診でも医師から体調に関する注意を受けていなければ、

20代、30代前半の妊婦さんと同じように安産できる可能性は決してゼロではありません。

もちろん、体力をつけるために運動をしたり、栄養バランスに気をつけた食事を取ったりするなどの努力は必要ですが、

高齢出産だからといってあまり深刻に考えすぎず、「子供を授かった以上は元気に産んであげたい」と気持ちを強く保って自分にできることをしていけば良いのです。

ただし、出産はいざそのときになってみないと、どのようなトラブルが起こるか想像できません。

万が一のときに備えて夫婦でよく話し合い、帝王切開や吸引分娩などの可能性について考えをまとめておきましょう。

高齢出産の女性には、高齢ならではの工夫の仕方があります。

かえって、油断をしない分だけ若い人より体調管理がしやすいかもしれません。

おいしいものを食べてたくさん笑い、ゆったりとした気持ちでマタニティライフを過ごしてくださいね。

高齢の不妊を改善するための食生活

2016-04-12_205957

晩婚化の影響で日本では高齢出産を望むカップルが増えていますが、生殖機能は年齢とともに衰えるため、いざ子供を作ろうと思ってもなかなか思うように妊娠できないケースが少なくありません。

その原因の一つとして、現代人特有の「食生活の乱れ」があります。

活性酸素を発生させる添加物だらけの食品が卵子や子宮にダメージを与えたり、

白砂糖を使った甘いものの食べすぎで冷え性になったりと、毎日の食生活がじわじわと不妊体質を作り出しているのですね。

逆に、妊娠力を上げるには次のようなものを食べるのがおすすめです。

・体を温める根菜類、味噌、にんにくや生姜など
・排卵のリズムを整える米、パン、うどん、そば、いも類などの複合炭水化物
・成分が女性ホルモンと似ている牛乳、大豆製品などのイソフラボン
・貧血を防ぎ、粘膜を強化して着床しやすくするレバー、納豆などの鉄分
・生殖機能を正常に整えるナッツ類、うなぎ、緑黄色野菜などのビタミンE
・ストレスを和らげる玄米、肉類、大豆類などのビタミンB1
・精子を作り出す元となり、卵巣機能を正常化させる牡蠣、レバーなどの亜鉛
・胎児の細胞分裂を助け、流産を予防するモロヘイヤやほうれん草などの葉酸
これらの食材を意識して取り入れながら、毎日の献立を組み立てていきましょう。

食事は、毎日のことだけに妊娠力へ与える影響も大。

できるだけ体に良いものを食べ、卵子や子宮の質を高めていきましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました。お役に立てれば幸いです。

 - 不妊・妊活